髪の内部に色を入れる

白髪染めは髪の中にしっかりと色を入れますので、大体2〜3か月ぐらいは色が保てると言われています。
しかし、この期間は普段の手入れによってもっと伸ばす事もできます。
ヘアカラーはキューティクルを開いて髪の内部に色を入れるため、薬剤の影響でキューティクルは開いてしまっています。
これをどうアフターケアするか。そこが重要な課題です。
キューティクルが開いたままだと髪の水分やタンパク質がどんどん外に出て行ってしまい、色落ちもしやすくなります。
そのため積極的に保湿したり、普段からケアしていくする必要があります。

お手入れには、洗い流すタイプのトリートメントが効果的だと言えるでしょう。
また、当然の事ですが、人間の髪の毛は日々伸びていきます。
そのため、白髪染めを使った場合でも、大体2〜3週間ぐらい経つと生え際の白髪が目立って困ってしまう。
という人が多いです。新しく伸びてきた髪は、染まっていないからです。
お金に余裕のある人は生え際が気になってきた時点で、再度美容室に行って染め直してもらうと思いますが、そうでない人の場合は自分で市販の白髪染めを買ってきて染め直す。
という事になります。
しかし白髪染めは刺激が強いので、そんなに頻繁に使っていたら、髪が傷んでしまいがちです。
そういった場合は、髪や頭皮に負担をかけないヘアマニキュアが良いかもしれません。