頭皮トラブルを引き起こす

ヘアカラータイプの白髪染めは、発色が良く効果が長持ちするというメリットを持っています。けれども、「髪を傷める」「頭皮トラブルを引き起こす」といったデメリットも持っています。こうしたヘアカラータイプのデメリットは、発色の良さや持続性といったメリットの裏返しといえるものです。

ヘアカラータイプの白髪染めは、髪の毛の表面のキューティクルを開くことによって、髪の毛の中にまで染料を定着させます。このため、発色が良く、効果も長持ちするのですが、こうした染色を繰り返すことでキューティクルが損傷してしまいます。
また、ヘアカラータイプの白髪染め製品には、ジアミンやパラベンといった化学物質が使われています。ジアミンは染料の発色を良くする化学物質です。パラベンは染料の効果を長持ちさせる化学物質です。けれども、これらの化学物質は、皮膚炎や頭皮のかゆみなどの頭皮トラブルを引き起こすこともあるのです。
キューティクルを開くという仕組みも、パラベンやジアミンという化学物質も、発色の良さや持続性といったヘアカラータイプの白髪染めのメリットを根底で支えているものです。このため、発色の良い白髪染めは髪を傷めたり頭皮トラブルを引き起こしたりするデメリットを持っているのです。